雑用水(中水)の水質検査

ホーム > 業務案内 > 調査・分析 > 雑用水(中水)の水質検査

ビル排水等の再生水、工水、井水や雨水等を散水、修景用水、清掃、トイレの洗浄水等の雑用水として利用する場合は、ビル管法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)に基づき水質検査を行うことが義務づけられております。

雑用水の基準(建築物環境衛生管理基準)

項目 基準値 検査の頻度
散水、修景、清掃用水 水洗便所用水
pH値 5.8以上8.6以下 7日以内ごとに1回 7日以内ごとに1回
臭気 異常でないこと
外観 ほとんど無色透明であること
大腸菌 検出されないこと 2月以内ごとに1回 2月以内ごとに1回
濁度 2度以下
遊離残留塩素 ※百万分の0.1以上 7日以内ごとに1回 7日以内ごとに1回
  • ※:供給する水が病原生物に著しく汚染されるおそれがある場合、病原生物に汚染されたことを疑わせるような生物若しくは物質を多量に含むおそれがある場合は、百万分0.2以上
  • 散水、修景、清掃用水に供する雑用水には、し尿を含む水を原水として使用してはいけません。
  • 水洗便所用水への供給水が、手洗いやウォシュレット等に併用される場合は、飲料水としての適用を受けます。

検査実績

  • 商業施設、学校など、特定建築物の雑用水(中水)の検査
  • 厨房排水処理施設などの再利用水の検査
  • その他、ビル、工場、事業所等、各種施設の雑用水(中水)の検査

検査実績

  • 商業施設、学校など、特定建築物の雑用水(中水)の検査
  • 厨房排水処理施設などの再利用水の検査
  • その他、ビル、工場、事業所等、各種施設の雑用水(中水)の検査

検査の流れ

  • ご依頼
  • 打合せ
  • サンプリング、配送、持込み等
  • 分析
    (採取したサンプルを公定法等により分析します。)
  • 報告
    (報告書を作成し、提出いたします。)

雑用水(中水)の水質検査に関するお問い合わせ

mail お問い合わせフォーム
お名前必須
メールアドレス必須
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
お問い合わせ内容