アスベスト調査

ホーム > 業務案内 > 調査・分析 > アスベスト調査

アスベスト(石綿)は、天然に産する鉱物繊維であり、クリソタイル(白石綿)、クロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)、アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの6種類があり、耐熱性、耐薬品性、耐摩耗性、絶縁性等の特性が優れているため、多くは建材製品として利用されてきました。

空気中に浮遊するアスベストを吸入することで石綿肺、肺がん、悪性中皮腫等を発生するとされており、「労働安全衛生法」、「石綿障害予防規則」、「大気汚染防止法」、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」等で厳しく規制されております。

当社は、石綿障害予防規則における「石綿等を取扱い、もしくは試験研究のため製造する屋内作業場」の空気中における濃度測定、ビル等の室内環境の調査、石綿の除去工事等に伴う敷地境界の測定等、大気中の石綿の調査及び測定を行う他、石綿含有建材等の分析、石綿の除去工事の現場測定に対応しています。

1)石綿(アスベスト)に関する規制

大気汚染防止法では、工場や事業場で製造等で石綿を発生する施設(特定粉じん発生施設)及び、石綿が使用されている建築物の解体、改造又は補修等の作業(特定粉じん排出作業)が規制対象となっております。

建物の解体工事の受注者は、石綿の有無について調査を実施し、発注者に書面で報告する義務があります。

  • ※特定工事に該当しないことが明らかな建設工事を除く。
  • ※解体等の作業に伴う石綿の測定については、自治体の条例で定めている場合があります。

2)労働安全衛生法に係る作業環境測定

石綿則36条において、「石綿に係る屋内作業場について、6月以内ごと に1回、定期に、石綿の空気中における濃度を測定しなければならない。」とされています。

関連項目

調査実績

  • 庁舎、学校及びビル等の室内石綿の調査、石綿除去工事に伴う測定等。

検査の流れ

  • ご依頼
  • 打合せ
  • サンプリング
    (現地に伺い対象となる空気又は試料の採取を行います。)
  • 分析
    (現地で採取した試料について測定を行います。)
  • 報告(報告書を作成し、提出いたします。
    ※必要に応じて速報をお知らせします。)

アスベスト調査に関するお問い合わせ

mail お問い合わせフォーム
お名前必須
メールアドレス必須
会社名
郵便番号
ご住所
電話番号
お問い合わせ内容